■information
・GripSwany 特別セール好評開催中

 
 
【注目商品】

Rab
ARK BIVI Orange

AeroPress
AeroPress Go Coffee Maker

Rovyvon
Aurora A25X WH/UV

Helinox
TAC フィールドテーブル BK

WERKS
WERKS x NANGA downbag 450STD

Grip Swany
GS Cup Black


【10%OFFセール】 EPIgas EPIガス 230パワープラス カートリッジ
【10%OFFセール】 EPIgas EPIガス 230パワープラス カートリッジ

【10%OFFセール】 EPIgas EPIガス 230パワープラス カートリッジ

商品コード:8450
型番:G-7009

セール期間:

通常価格¥ 660↓10%OFF

653 (税込)
(0point)

↑ ↓

商品の仕様は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

EPIgas[EPIガス]
230パワープラスカートリッジ

[EPIガス]ガスカートリッジ

使用する季節や目的によってバリエーション豊かに揃うEPIのカートリッジ。友人や家族とキャンプを楽しむ時はもちろん、トレッキング時といった、ビギナーからエキスパートまでアウトドアライフをより快適にする自信があります。
高品質の性能を誇るストーブ器具とともに、ぜひ高品質のカートリッジをご使用ください。

■EPIgasカートリッジの特長【安全性が高く、ハイパワー】
EPIガスカートリッジの大きな特長は、一般的なキャンプから高山スキーまで、季節や目的毎に選べるラインナップの多さです。もちろん、カートリッジはすべてのEPIガス器具に取り付け可能。オールシーズン・オールマイティなレギュラータイプをはじめ、プロパンガスの混合比率を多くすることで、最大マイナス25℃という極寒冷地での使用が可能な特別仕様タイプも用意しています。また、カートリッジの内壁に特殊シートを内蔵したパワープラスカートリッジは、気化効率が良く、最後までガスを使いきることができる優れモノ。EPIガスカートリッジの品質の良さと驚異的な威力をぜひ一度お試しください。
 
自在な火力調整   二重シーリング構造
 
手作業による調整で作られた精密な加工技術により、火力調整が自在に。   器具とカートリッジの着脱時のガス漏れを防ぐ二重シーリング構造。
 
EPIgasカートリッジの特徴と使用上の注意
1. EPIgasカートリッジはすべて高性能の自動閉鎖バルブを使用していますので、ガスが残っている間は何回でも着脱使用が可能です。
またEPIgasカートリッジは他のすべてのEPIgas器具と共用できます。収納する際も本体とは別にでき、ガス漏れの心配は全くありません。
2. EPIgasカートリッジは肉厚の金属板を使用していますので安全性は非常に高いものですが、以下の点には充分ご注意ください。
●使用中、使用済みカートリッジを“火中”には絶対にいれないこと。
●カートリッジは火気や直射日光(室内や車内の窓際など)を避けてキャップをして風通しの良い湿気の少ない40℃以下の場所に保管してください。
(特に車のダッシュボードやトランクルーム等は高温になり爆発の危険があります。)
●換気の悪い場所、火気のあるところでカートリッジの取り付け、取りはずしをしないこと。
●EPIgas器具には必ずEPIgas純正カートリッジを使用すること。万一他社製品と組み合わせて使用して事故が起きても当社では一切責任を負いません。
3. カートリッジ着脱の際、構造上若干ガスが漏れることがあります。特にカートリッジを傾けて着脱しますと液状のガスが出て危険です。
カートリッジは水平にして着脱を行ってください。
4. 廃棄上の注意
●空になったカートリッジでも取り扱い方法を誤ると爆発の危険性があります。
●使用済みのカートリッジは残ガスがないことを確認した後、所定の場所に廃棄してください。
5. EPIgas製品は、生産物賠償責任保険に加入しております。
6. 使用済みカートリッジにガスを再充填しないこと。再充填による事故に関しては当社は一切責任を負いません。


230パワープラスカートリッジは、秋から春にかけての使用に最適なガスカートリッジです。通年使用も可能。-15℃前後まで使用できます。カートリッジ内壁に特殊シート内蔵。気化効率がよく、無駄なく最後までガスが使用できます。
 
総重量 378g
Net 225g
缶重量 153g

BRAND

ブランドロゴEPIgas / EPIガス

ロンドンから北へ300km。中世の面影を残す街、ストックポート。EPIの歴史は、この街から始まる。1961年、地元の街に残る伝統的な技法に当時の最新技術を導入し、安全性の高いレジャー用のガスストーブとランタンの生産を開始した。【Euro Pleasure International】 の頭文字をとり、ここにブランドEPIが誕生した。1994年から、日本国内での製造を開始。国内生産になり、MADE IN JAPANだからこそ実現できる高い安全性と機能性を兼ね備え、現在に至る。

ブランドトップ
BRAND