SALEWA[サレワ]

1935年にドイツのミュンヘンにて創業。

1990年にイタリアへ拠点を移動。そして今年2015年は、SALEWA創業80周年の記念すべき年に長きに愛され続けたブランドロゴを一新しての再スタートを切りました。

ドイツのモノづくりの技術とイタリアのデザインを結集し、シューズ/バックパック/アパレル/クライミングギア他を展開するイタリアのマウンテニアリングブランドになります。

創業当初からSALEWAは、ヨーロッパでの数々の冒険や遠征、または初登記録を支えるなど、常に最先端の技術を取り入れて未開の場所を開拓し、歩んできました。

そして機能ばかりを重視するのではなく、クライミング、エクストリームスキー、そしてスタイリッシュにアウトドアライフや旅を楽しみたい人にとって、これからもSALEWAは新しく、そして心が満たされ続けるブランドで有り続けます。

2015年1月新しいブランドロゴになるこのタイミングに合わせて日本支社を設立しました。

2015年SSからシューズ/バックパックを展開。

2015年AWからアパレル/ギアも展開。

2016年は、SHOP IN SHOPと直営店舗を展開予定。

SALEWA HISTORY

1935年

1935年7月8日がSALEWAの歴史が始まります。ドイツ ミュンヘンの鞍職人とタピストリー職人の協同組合の代表 Josef Liebhartヨセフ・リーブハートが鞍職人とレザー商品の新しい協同組合を立ち上げました。この組合の名前はSattler, Leather Waresでこの名前を書略してSALEWAとなる。

1940年代

初年度はフォトバッグ、バックパック、サッカーボール(全てレザーで作られた)が主軸の商品として販売を開始。またヘーゼルナッツ木から作られたスキーポールも人気な商品の一つでした。

1955年

SALEWAの代表するANDESバックパックを開発。Hermann Huber (ヘルマン フーバー)のAndesへのexpeditionをサポートする。

1960年代

SALEWAの軽量クランポンがこの年に「クランポンの革命」と呼ばれる評価を得て記録なセールス。さらにSALEWAのtubular ice screwが世界的に有名となり、SALEWAがアルパインインノベーションのリーダーとして地位を確保した。

1979年

SALEWAのハイクオリティーとパフォーマンスを象徴するブランドロゴに「鷲」を選びました。

1985年

Reinhold Messner(ラインホルド メスナー)と強いコラボレーションを作り、新しい商品1つがSALEWAのdomeテント。

1990年

この年、本社をドイツミュウヘンから北イタリアのボルザーノへ移動する。

1994年

当時の世界最軽量のヘルメットとなる「ヘリウム」をSALEWAが開発し発表する。SALEWAのモットーである「half weight - double resistance /半重量 - 倍の耐性」を実現し、アルパインブランドとして不動の地位を確立したSALEWAを代表するアイテムの一つ。

2001年

この年は、SALEWAの確固たる指針「half weight - double resistance /半重量 - 倍の耐性」をより鮮明にそして改良した様々な最軽量商品を開発した年でもあります。例えば、33g以下のSub 33 カラビナやUltra Jacket (350g以下)など。

2002年

イタリアのFinale Ligure (フィナレ リグレ)にSALEWA初の直営店舗をオープンする。

2003年

SALEWAが世界進出に先駆けてフランスとスペインにて支社を設立。この年、ヨーロッパだけでなく全世界へ向けての販売を開始。

2007年

SALEWAはアメリカ、コロラド州、ボルダーにてアメリカでの直営店を出店。また同年にアジア圏にも直営店舗を出店。

2011年

北イタリアのドロミテ山のボルザーノにあるSALEWAオフィスを次世代向けに新設。新しいオフィスは、使用する全ての電力エネルギーをソーラーパネルで発電しています。またイタリアでの最大クライミングウオールや保育園が常設しています。

2014年

長きに渡りSALEWAを象徴するロゴが2015年新しくなることを発表。これからの未来に向けて昔ながらのアルプスの伝統を守りながらモダンさを継承しつつ、常に革新的なテクノロジーを取り入れたライフスタイルを発信し続けます。

SALEWAが、現在世界中の30か国、2,500店舗で商品を展開。

2015年

日本支社SALEWA Japanが設立。
表示件数
並び順
商品数:13件
商品数:13件



取扱いブランド一覧